有馬では数少ない日帰りで金泉、銀泉を入浴できる温泉施設

女湯のご案内

有馬温泉の金泉は、塩がお肌につき、薄い皮膜をつくるため、保湿効果が持続します。 また、メタ珪酸といわれる物質が多量に含まれているため、お肌の肌触りがマイルドになり、保温効果も大きくなります。
男湯はこちら